シェル石油大阪発売所について

沿革

明治29(1896)年の創業より100年あまり。
大阪の地でガソリンや各種溶剤・潤滑油といった石油製品の取り扱いに始まり、サービスステーション、車の整備・修繕、そして不動産管理や社会貢献まで様々な業務を展開してきたシェル石油大阪発売所。1世紀にわたる発展を支える、中心となったのが地域の皆様との「信頼」獲得の想い。
これからも、石油製品や自動車のつくる便利で豊かな社会が続くように、そしてこれからは環境に配慮された、優しい社会が生まれるように。
私たちは、次の100年に向けて、これからも皆様と共に着実な歩みを進めていきます。

沿革

1896年(明治29年)  鴻野沖三郎、大阪市西区北堀江1番町において鴻野石油店を創業。 
1900年(明治33年)  ライジングサン石油株式会社(現・昭和シェル石油)が日本法人として創立、その販売代理店に選定される。
1924年(大正13年)  合資会社大阪赤貝揮発油発売所(代表社員 鴻野沖三郎)を別に開設し、シェル製品の大阪府一円および兵庫県西宮市以東地区の一手販売代理店となる。 
1935年(昭和10年)  鴻野石油店を鴻野礦油株式会社に改組、資本金20万円となる。 
1949年(昭和24年)  社名を株式会社シェル石油大阪発売所と改称する。石油配給公団の解散に伴い、当社は大阪府および兵庫県西宮市以東地区における唯一のシェル石油株式会社(現・昭和シェル石油)販売代理店に復活する。本社を大阪市北区宗是町1番地大ビル7階に移転する。
1961年(昭和36年)  シェル石油株式会社(現・昭和シェル石油)東京支店管内特約店に指定される。 
1965年(昭和40年)  本社を大阪市北区堂島浜通1-25-1(新大ビル9階)に移転する。 
1984年(昭和59年)  資本金4億5,000万円となる。
1988年(昭和63年)  給油サービス部門にてレンタカー事業を開始する。 
1989年(平成元年)  本社社屋が完成。本社を大阪市淀川区西中島2-11-30に移転する。
1993年(平成5年)  東京都足立区谷中2-8-7に東京ヤマオキビル完成。東京支店移転。 
1996年(平成8年)  創業100周年記念式典および「ふじ丸記念クルーズ」を実施。 
1998年(平成10年)  洗車事業として「洗車工房」を開設。 
1999年(平成11年)  カーディテーリング事業の専門店化として「ペイントピット」を開設。 
2001年(平成13年)  枚方市にセルフサービスステーション1号店を開設。
2002年(平成14年)  立花ラケットクラブを関連会社より引き継ぎ、テニスコートの運営管理を開始。
2005年(平成17年)  オークションを利用した中古車販売を開始。 
2009年(平成21年) 新規事業部を発足。太陽光発電システムの販売を開始。
このページの先頭へ